オリジナル壁紙の販売始めました!

[コスパ重視]純正スペックのYONGNUO YN560 IIIレビュー!

こんにちは!もるです!

今回はストロボのレビューです。

わたしはストロボを使ったことがありませんでした。ブログを始めてから写真を上げてますが、光が足らず卓上ライトや日光がしっかり届く日に写真を撮ってましたが影と光がはっきりしていてきれいな画像になってないので今回ストロボを導入してみました。

今回買ったのはYONGNUO YN560 III です。



YONGNUOとは?

この会社は中国のメーカーです。前の記事で怪しい中華メーカーの話をしましたが今回は有名な中華メーカーです。

レンズにも力を入れていてキャノンEFマウントとニコンFマウントのレンズが1万円以下で手に入ります。
撒き餌レンズを買うなら純正よりいいなんて評価もされています。

ストロボは純正が高額なのでサードパーティー製の中国メーカーのものを使ってるアマチュアの方が大勢います。



スペック

Canonの純正品『600EX-RT』のコピースペックです。

ガイドナンバー 58(ISO 100、105mm)
フラッシュモード M,Multi/スレーブ:S1,S2,RX
オートズーム範囲 24,28,35,50,70,80,105mm
上下回転角 -7~90度
左右回転角 0~270度
電源 単三電池4本
発光回数 100~1500回
サイクルタイム 約3秒
色温度 5600k
フラッシュ時間 1/200~1/20000
出力制御 8レベル光量制御(1/128~1/1)、29段階光量微調整
ワイヤレストリガ距離 100m ﹙2.4Gワイヤレス﹚、室内20~25m、室外10~15m
質量 約540g
対応カメラ Canon,Nikon,Pentax,Olympus,Fujifilm
価格(5月4日時点) 7400円

対応してないこと

  • 自動調光に非対応
  • ハイスピードシンクロ非対応
  • ソニーカメラにはアダプターが必要



外観と内容物

ハズレ中華は製品名や会社名など書いてないのでこれは完全にあたりですね!

 合格証みたいのが入ってますが意味なさそう

説明書が日本語対応してないです。(中国語・英語のみ)
[affi id=2]
しっかりとしたケースも付いてきます。

ビルドクオリティーはとてもいいです。

安っぽさはなく、頑丈に作られてます。


ストロボ有り無しの比較

室内灯+曇り空

室内ライト+卓上ライト

カメラ内蔵ストロボ直あて

 

今回買ったストロボを天井バウンス

ストロボ初心者なのでうまくできてないですが、、、

自動調光ができないのでなかなか自分好みにするのはむずかしいです。

使いつつ慣れていければいいかな。

画像の最強コスパイヤホンのレビューはこちら

https://moru-blog.com/2020/02/12/%e6%96%b0%e6%9c%80%e5%bc%b7%e3%82%b3%e3%82%b9%e3%83%91soundpeats-truefree%e3%82%92%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc%ef%bc%81%e5%89%8d%e4%bd%9c%e3%81%8b%e3%82%89%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%bc/

使ってみた感想

始めて外部ストロボを買いました。

主に動物や飛行機を撮ってる私からすれば不必要なものでしたが、ブログのためには必要なものでした。

上の画像を撮った日は曇りでほとんど太陽光がなかった部屋で撮影してもフラットな画像が取れていたので満足です。

7400円でバウンスができるのはいいです。レビュー品に直接光をあてられないので。

しかし、自動調光があればとり直しも少なくて済むのかなって思ってます。

まだ使いこなせてませんが、使いこなせればいい画像がブログに載せられると思います。



まとめ

今回はストロボをレビューしました。

わたしはブログ写真の撮影用で購入しました。自動調光できないのが初心者の私には難しいところでした。

わたしは何回の撮り直しが利くのでいいですが、大事なシーン(結婚式など)での使用はリスクが大きいかもしれません。

使用シーンにあわせて購入検討してみてはいかがでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です