今話題の「THE FIRST TAKE」って何?音楽好きが魅力教えます!

WEB・アプリ

こんにちは!もるです!

みなさん最近音楽楽しんでますか?私は知人が違法音楽アプリを使用してると知って萎えてます。

そんなことより、今年大注目のYouTubeチャンネルをご存知ですか?

「THE FIRST TAKE」です。

音楽好きの方は知っているかもしれませんが、このTHE FIRST TAKEとは何なのか紹介していきます。

「THE FIRST TAKE」って何?

様々なアーティストがスタジオで曲を披露するyoutubeチャンネルです。これだけ聞くと普通じゃんって思うとおもいますが。

THE FIRST TAKE
A microphone and a white studio. And 1 rule. You’ve got 1 TAKE. Perform anything you like. Show us everything you’ve got for that 1 moment. ONE TAKE ONLY, ON...

コンセプトが

「音楽とは、何か。一発撮りで、向き合う」

アーティストが「一発撮り」で撮影しているんです。

歌詞を間違えても、音を間違えても、何があっても1回のみの収録で、そのまま公開されます。

映像は全て4Kで撮影され、公開も4Kで鮮明な映像が楽しめるのも特徴。

動画が始まると普段のレコーディングやライブとは異なる緊張感を持ったアーティストが出てきて、自分らの指示で収録が始まります。初めての感覚で普段とは違う緊張があるようです。

 

また、生演奏で収録してるアーティストが多く注目され、チャンネル開設から半年でチャンネル登録者が96万人、総再生回数が1.4億回以上と数字だけでもかなり人気があることがわかります。

追記:5月21日登録者が100万人に到達しました。

「THE FIRST TAKE」の魅力

クオリティーの高さ

一発撮りとは思えないクオリティーで毎回動画が更新されていきます。

もちろん、ノーカット、音の編集なし

なので、声出しやルーティーンなど観れ、本気度が伝わってきます。

そのため、CD音源とは違う臨場感やライブ感があって何回も聞けるのが魅力です。

アーティーストコラボがある

なかなか見ることのできないアーティーストコラボが見られます。今現在だと2つの動画が出されています。

KANA-BOON(谷口鮪)× ネクライトーキー(もっさ)はめっちゃ聞いてます。

KANA-BOON(谷口鮪)× ネクライトーキー(もっさ) – ないものねだり / THE FIRST TAKE

収録シーンが見れる

普通はなかなか収録シーンは見ることができません。

一発撮りなので、もちろん失敗はあります。

そんな失敗もそのまま。収録後に話をしてることもあります。また、手のしぐさや表情も見ることができます。

ありのままが見れると言っても過言でもありません。

話題のアーティストが出演!

THE FIRST TAKEの名を知らしめたのは「紅蓮華」ではないしょうか?

紅蓮華は「鬼滅の刃」の主題歌で、LiSAが歌ってる曲です。

今現在、「THE FIRST TAKE」THE FIRST TAKEで最も再生されてる動画です。

LiSA – 紅蓮華 / THE FIRST TAKE

ほかには、adieu(上白石萌歌)やwacci(橋口洋平)、DISH// (北村匠海)、マカロニえんぴつなど多くのアーティストが出演してます。

 

そして最近、いま大注目のYOASOBIの夜に駆けるがアップロードされ、1日もせずに100万再生されています。

YOASOBIとは、コンポーザーのAyase、ボーカルのikuraからなる、”小説を音楽にするユニット”

YOASOBI – 夜に駆ける / THE HOME TAKE

新コンテンツ 「THE HOME TAKE」

いまの状況を考え、スタジオでの収録が難しくなっているため、アーティストの自宅やプライベートスタジオで収録をする「THE HOME TAKE」が始まりました。

上記のYOASOBI – 夜に駆けるも「THE HOME TAKE」です。

コンテンツ内容としては両方とも変わりません。

運営はどこ?

運営会社は今のところ公式発表されていません。

一説によると「ソニー・ミュージックエンタテインメント」ではないかと言われています。

出演しているアーティストも「ソニー・ミュージック」関連のアーティストが中心のようです。

最後に

今回は「THE FIRST TAKE」について紹介してみました。

「THE FIRST TAKE」の魅力が伝わったらいいなと思います。

一発撮りだからできるコンテンツ。今後も成長し続けること間違いないなしだと思います。

みなさんもよかったら見てみてください。

もるのTwitterはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました