Amazonプライムーデーおすすめ商品はこちら

【ゲーミングモニターの選び方】見逃しがちなポイントをしっかり紹介!

こんにちは!もるです!

PCはもちろんCS機でゲームするにもゲーミングモニターを使用してる人が年々増えてきているように思います。

ゲーミングモニター欲しいけど選び方がよくわからない人向けに今回は紹介していこうと思います。



 

ゲーミングモニターを選ぶのに重要な用語

すでに知っている方はスキップしてください

リフレッシュレート

リフレッシュレートは〇〇Hzと表示されるもので数字が大きいほうが性能がいいです

映像は画像を何枚も切り替えて表示されてます。この切り替えを1秒間に何回切り替えるかがリフレッシュレートです。例えば、144Hzは1秒間に144回画像が切り替わって映像になっているという意味です。

こちらの動画はリフレッシュレートの違いの動画です。

リフレッシュレートが高いほうがいい理由は

  • 映像が滑らかになる
  • 残像が残りにくい
  • 物陰から出てきたものをより早く視認できる

 

応答速度

応答速度は〇msと表示します。応答速度は小さい数字のほうが性能がいいです。

応答速度は画面のドットの色が変わる速さのことです。

応答速度が遅い(10msぐらい)とネットサーフィンでもラグが起きてるかのように感じます。

応答速度が速いほうがいい理由は

映像のぼんやり感、残像感がなくなる

より詳しく知りたい方はEIZOさんのページをご覧ください。



モニターの選び方(スペック編)

リフレッシュレートと応答速度

モニター選びで最重要といっても過言でもありません。

リフレッシュレートは最低144Hz・応答速度は最低1msを選択しましょう。妥協したくないならリフレッシュレートは240Hz、応答速度0,4msを選択しましょう

リフレッシュレートは高くなるほど、応答速度は低くなるほど価格が高くなります。

リフレッシュレートはPCの性能に依存するため、高性能PCを持っていないと240Hzはもちろん144Hzを出すことができないゲームがあるので注意が必要です。

 

24インチと27インチのどっちがいいか

画面の大きさですが、24インチと27インチが主流です。

3インチしか変わりませんが大きさはかなり違います。

私は両方のサイズのモニターを使用していますが、PCでゲームするなら24インチをおすすめします。なぜならデスクの上に乗せたときに27インチはあきらかに大きいです。

また、ゲームをするとなったら敵は大きく映りますが、目線移動が大きくなりゲームしづらいです。

なので私は24インチをおすすめします

 

液晶パネルの違い

今現在販売されてるゲーミングモニターにはパネルがTN・IPSの2種類あります。

その違いを紹介していきます。

TNパネル IPSパネル
視野角 狭い 広い
色の再現度 低い 高い
応答速度 速い 遅い
価格 安価 高価

視野角は画面が見える見えないではなく、色が変な風になったり、画面が暗くなったりするかです。

 

パネルは光沢か非光沢があります。

ほとんどのゲーミングモニターは非光沢です。光沢は光を反射して見づらくなってしまうので基本的には非光沢を選んでください。

おススメパネルは非光沢のTNパネルです。



ほかに確認するべきポイント

以下2つは確認したほうが目の疲れを軽減してくれます。

  • ブルーライトカット
  • フリッカーレス(点滅をなくす)

ゲーミングモニターにはゲーム専用機能がついてます。

その中でもあったほうがいい機能を紹介します。

暗所を明るくしてくれる機能です。

暗いところにいる敵を見つけやすくできます。また、マイクラでたいまつなしで洞窟など見れるくらい暗所を明るくしてくれます。これがあるだけでかなり快適にプレイできます。

 

 

モニターの選び方(外観編)

見落としがちなモニターの台座

台座は小さいほうがいいです。大きいとマウスパッドやキーボードと干渉しやすいからです。

個人的おススメの台座の形です

正方形、長方形は向きを変えたりすることで干渉しづらくなります。円形は丸い台座に四角マウスパッドで相性が悪い。とり足は安定感にかけるし大きい場合が多い。

ディスプレイの高さ変更・回転等できるか

画像の最低限高さとチルトは調整できるほうがいいです。初めて購入したゲーミングモニターはなにも調整できず不満ですぐに買い換えました。

スイベルはセカンドモニターとして買う場合はあったほうがいい人もいると思います。

ベゼルの広さ

ベゼルはディスプレイを囲ってる枠です。このベゼルがあるかないかは完全に見た目の問題です。

ベゼルが狭いとスタイリッシュな見た目でかっこよくなります。

ベゼルが狭いと価格が割高になる印象があります。

[affi id=2]

おすすめゲーミングモニター3選

多くのプロが使用!ZOWIE XL2546k
  • ディスプレイ:24,5インチ・TNパネル・非光沢・FHD
  • リフレッシュレート:240Hz
  • 応答速度:1ms

様々なFPS大会で使用されている有名なBenQのハイエンドモニターです。

これを買っておけば間違いなしの最強ゲーミングモニターです。ゲーム内での激しいアクション効果を軽減して、残像感を最小限に抑えるDyAc技術が搭載されています。

スペックも高く、しっかりゲーミング機能もありますが、7万円前後と高額。

プロファイルを付属コントローラーに3つ保存できるのでゲーム別に異なる設定することができます。

 

有名モデルの144Hz版 ZOWIE XL2411K
  • ディスプレイ:24インチ・TNパネル・非光沢・FHD
  • リフレッシュレート:144Hz
  • 応答速度:1ms

27000円と240Hzモデルと比べてかなり安価です。もちろん機能面では廉価モデルですが、DyAc技術も搭載されており十分な性能を持ってます。台座が小さく個人的に好きなポイントです。

 



標準モデル IO-DATA EX-LDGC242HTB
  • ディスプレイ:23.6インチ・TNパネル・非光沢・FHD
  • リフレッシュレート:144Hz
  • 応答速度:0.6ms

価格も25000円と手を出しやすい価格。

多くの方がこのスペックで満足できると思います。

PCがミドル、ハイスペックならこのモデルがおススメです。

IODATAのゲーミングモニターはいろんな機能があるわりには価格が安いイメージがあります。

まとめ

ゲーミングモニターの選び方を紹介しました。

高性能なモニターの性能を出し切るには高性能なPCが必要ということを忘れないようにしてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です